全国一斉電話相談

全国一斉電話相談 毎年 春秋2回の
全国一斉電話相談「シニアの悩み110番」には
シニア(中・高年齢者)から日常生活における不安や悩みが多数寄せられます。

最近の実施結果概要は、次の通りです。

第35回は9月28日(土)〜29日(日)開催予定。

第34回  2013年3月23日(土)〜24日(日)

    全国一斉電話相談 全国一斉電話相談
  • 相談者数

    九州 61 件(男性26% 女性74%)
    全国 379件(男性15% 女性85%)

  • 年齢層別(上位3位)

    九州 70〜74歳(23%) 60〜64歳(21%) 75〜79歳(18%)
    全国 70〜74歳(28%) 80歳以上 (19   65〜69歳(17%)

  • 暮らし形態別(相談者割合)

    九州 一人世帯(49%) 夫婦世帯(28%) 家族同居世帯(23%)
    全国 一人世帯(47%) 夫婦世帯(26%) 家族同居世帯(28%)

  • 相談内容(上位3位)

    九州 遺言・相続(23%) 家族・親族(16%) 成年後見(13%)
    全国 家族・親族(33%) 健康・医療(12%) 遺言・相続(11%)

  • 今回の特徴・傾向

    @相談者の性比は概ね3:7で女性が多いが今回全国ベースでは更に女性の    増加傾向が顕著だった。男性は本人の悩み、女性は家族や親族についての相談が大半を占める。

    A相談者の高齢化が目立つ。70歳以上からも相談件数は九州で54%、全国ベースでは62%を占め、90歳、100歳台からの相談も受け付けた。

第33回  2012年9月22日(土)〜23日(日)

  • 相談者数

    九州 47件 (男性30% 女性70%)
    全国 382件 (男性30% 女性70%)

  • 年齢層別(上位3位)

    九州 65〜69歳(26%) 70〜74歳(21%) 80歳以上(13%)
    全国 70〜74歳(23%)  65〜69歳 (21%) 75〜79歳(17%)

  • 暮らし形態別(相談者割合)

    九州 一人世帯(40%)   夫婦世帯(28%)  家族同居世帯(32%)
    全国 一人世帯(50%)   夫婦世帯(26%)  家族同居世帯(24%)

  • 相談内容(上位3位)

    九州 家族・親族(26%)  遺言・相続(17%)  経済(15%)
    全国 家族・親族(26%)  遺言・相続(18%)  健康・医療(13%)

  • 今回の特徴・傾向

    @団塊世代が高齢者の仲間入りをした所為か65歳台の相談件数が全国的に増加した。

    A九州でも全国レベルでも家族・親族間の悩みが1位を占め、特に親子問題の相談が多かった。親子が助け合いながら穏やかな老後生活を過ごす筈が、子供が親に無心し、親を痛め、無視する冷え切った親子関係に加え孤独感を嘆いている高齢者が増えている。

第32回  2012年3月24日(土)〜25日(日)

  • 相談者数

    九州 33件 (男性15% 女性85%)
    全国 311件 (男性31% 女性69%)

  • 年齢層別(上位3位)

    九州 65〜69歳(24%) 60〜64歳(21%)
       70〜74歳(15%) 75〜79歳(15%)(注:3位と4位は同率)
    全国 70〜74歳(25%)  65〜69歳 (19%)  75〜79歳(17%)

  • 暮らし形態別(相談者割合)

    九州 一人世帯(30%)   夫婦世帯(21%)  家族同居世帯(49%)
    全国 一人世帯(40%)   夫婦世帯(32%)  家族同居世帯(28%)

  • 相談内容(上位3位)

    九州 家族・親族(36%)  遺言・相続(18%)  健康・医療(12%)
    全国 遺産・相続(27%)  家族・親族(21%)  健康・医療( 9%)

  • 今回の特徴・傾向

    @今回、九州は女性の相談が多かったが、全国ベースでは男性の相談が増えて概ね3割がベースになった。

    Aこれまでの相談内容は、家族、健康、経済の所謂3Kが上位3位を占めていたが、遺言・相続が増加しており、複雑な家族関係が背景にあり悩みは根深い。

Copyright(c) シニアライフアドバイザー All Rights Reserved