シニアライフアドバイザーとは?

シニアライフアドバイザー(略してSLA)とは

財団法人シニアルネサンス財団(平成4年6月、内閣総理大臣の許可を受け設立・内閣府所管)の事業の一つである 「シニアライフアドバイザー養成講座」を修了し、財団が行う所定の資格審査に合格したものに、認定付与される資格です。
SLAの正式名称は「中高年齢者総合生活相談員」と定義されています。
中高年齢者の生活全般にわたり種々の相談を受けたり、中高年齢者にとって有益な情報を提供し、豊かで安心した生活へと ナビゲートするなどを主たる役割として、全国では約3000名、九州では約300名が活動しています。

介護保険制度や成年後見制度をはじめとして、近年、高齢化問題に対し数々の施策が進められてきました。 しかし、その高齢者施策に対する知識不足や広報不足などが、制度の利用を妨げています。
そこで、高齢者にとって有益な情報を提供し、豊かで安心した生活へとナビゲートする シニアライフアドバイザーの存在が注目されています。

又、社会生活をする上で、ある一定以上の年齢層を「高齢者」と一握りにし、弱者のイメージでとらわれがちですが、 実際は高齢者の90%の方は、元気で自立した生活を送っています。
その元気さをいかに長く持続させるかの方策として、高齢者の社会参加促進が注目されています。
ですが、社会活動に参加しようという意欲とは反対に、大部分の方が具体的な活動に結びついていない事が問題です。

そこで、中高年者の社会参加を促したり、その意欲を活動に結びつけられるような仕組み等を考え、 参加しやすい場を設けることが必要であると考えられており、その役割も担った存在として、 SLAにも大きな期待が寄せられています。

シニアライフアドバイザー養成講座

シニア期をどのように生きるかによって、人生の価値が決まる時代です。
新しいライフステージのシニア期を立派に過ごす気構えと、自主自立の努力が何よりも必要となります。

SLAの活動は、相談に関することのみではなくシニアの人々の自助自立、相互協力を促しています。
この「養成講座」は相談に適切に答え、且つアドバイスする基礎知識や技能を習得し、自らの創意工夫によって シニアの社会参加活動を展開していく方法、能力を身に着けることができます。

この「養成講座」は定期的に行われているわけではありませんので、関心のある方は
財団法人シニアルネサンス財団、九州シニアライフアドバイザー協会へお問合せください。

財団法人シニアルネサンス財団
東京都千代田区九段坂 3-5-10 九段菊江ビル 3F
TEL:03-3230-1771 / FAX:03-3230-1772
九州シニアライフアドバイザー協会
福岡市中央区今泉 2−4−24−905
TEL:092−738−0616 / FAX:092−738−0617
Copyright(c) シニアライフアドバイザー All Rights Reserved